審査委員紹介

選考審査委員


  • マンダム「GATSBY」、サントリー「ペプシマン」、資生堂「TSUBAKI」「ELIXIR」など記憶に残る作品を手掛ける。CM以外に福山雅治、SMAP、ももいろクローバー Z等のミュージックビデオも監督。独特の表現スタイルは、CF映像の流れを変えたと評されている。国内外の受賞歴多数。数コマ単位の映像処理で"右脳" に響く時間を演出。


  • 京都府生まれ。1987年電通入社。2009年ワトソン・クリック設立。
    マンダムギャツビーをはじめ、リクルート ホットペッパー(アフレコシリーズ)、金鳥(つまらん)、サントリー(細マッチョ)、日清カップヌードル、TOTOネオレスト、タマホーム、キャンディクラッシュ、シマホなど数多くのCMを制作。 直近では関ジャニ∞の女子ユニット、キャンジャニ∞が昨年8月5日にCDリリースした『CANDY MY LOVE』の作詞・作曲も手がける。クリエーター・オブ・ザ・イヤー、クリエーター・オブ・ザ・イヤー特別賞、TCCグランプリ、TCC賞、TCC最高新人賞、ACC金賞、ACC企画賞、広告電通賞部門賞ほか受賞多数。


  • マンダム/GATSBY、おやつカンパニー/ベビースター・フランスパン工房、梅の花/夜の梅の花、など。1986年、1987年朝日広告賞 準朝日広告賞受賞。 1991年カンヌ プレス&ポスターファイナリスト。1994年、1998年 サントリー奨励賞、 1997年ACCテレビCM地域部門 特別賞、2001年ニューヨークADC 銅賞、 2010年ACCグランプリ、など受賞多数。


  • マンダム/GATSBY、明治/キシリッシュ、安室奈美恵コンサートツアーのアートディレクション、SMAPアルバムジャケットデザインなど。 アドフェスト、NYフェスティバル、NY ADC、タイムズアジア広告賞、毎日新聞広告賞など受賞。


  • 電通に入社後、初期はバナー広告ばかり製作していたが、活躍が見込まれ、多数のデジタルキャンペーンを手がけるようになる。2011年独立し、4人のメンバーとともにPARTYを設立。カンヌライオンズヤングコンペティション、サイバー部門日本代表、世界2位。国内外250以上の広告賞の受賞歴がある。最近の代表作に、レディー・ガガの等身大試聴機「GAGADOLL」、ユニクロ「UT PICKS」、サントリー「集中リゲイン」、トヨタ「TOYOTOWN」の「しずかったー」などの全デジタルキャンペーンなど。TOKYO FMラジオ「澤本・権八のすぐに終わりますから。」ゲストパーソナリティ。


  • 主な出演作は、ドラマ・映画『花より男子』シリーズ、『LIAR GAME』シリーズ、映画『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』『アフロ田中』など。近作に、映画『イニシエーション・ラブ』(15/堤幸彦監督)、ドラマ『ディアスポリス‐異邦警察‐』(MBS/TBS)がある。映画『ディアスポリス-DIRTY YELLOW BOYS-』(熊切和嘉監督/9月3日公開)、映画『オーバー・フェンス』(山下敦弘監督/9 月17日公開)が待機中。

PAGE TOP